なんでもおもちゃにする

1歳になる娘はおしゃもじが大好きで、よく手にしてはふりまわしたりくわえたりしています。
きっと、歯がための役割をしているのでしょう、あのゴツゴツした部分がたまらなく好きみたいです。
そして、おしゃもじに付いたお米を舐めるのも好きみたいなのです。
しかし、それで困るのは、遊んだおしゃもじをすぐにどこかにやってしまうことです。
一体どこにやったのか、娘に問いかけても1歳では答えてもくれません。
そしてやっと見つけたと思ったら、ごみ箱に入っていたりしました。
おしゃもじで遊ぶのはいいけれど、使ったらもとの場所に戻して、と娘に言いたいところです。
ところで、自分の子供におしゃもじとおたまを差し出し、おしゃもじを取ると女の子、おたまだと男の子が次に生まれてくるという迷信があるそうです。
娘におたまを差し出してみたことはありませんが、とにかくおしゃもじが大好きなようでした。おしゃもじ以外には特に興味を示しません。
そして、この後、本当に女の子が誕生しました。

頭の形と寝返りについて

生後4か月ほどした頃、我が子は寝返りを始めました。
しかし、いつも右方向にしか寝返りをしないのです。
よう考えると、ウチの子は、よく右側を向いて寝ていました。そして、頭の右側が少し平べったくなっていました。
頭が、右方向の寝返りをしやすいように変形していたのです。
もちろん、健診の時に相談してみました。
同じ方向で寝かせていたせいで頭が変形してしまっている、そしてそのせいで同じ方向にしか寝返りをしない、と。
すると、頭の形は髪の毛がしっかり生えてくたりすると気にならなくなる、そんなに心配することはない、と言われました。
寝返りについては、逆方向に寝返りをするように誘導すると、ちゃんとできました。
あれから半年ほど経ち、髪の毛がしっかり生えてくるようになると、本当に気にならなくなりました。
頭の形も自然と元に戻っているような気がします。そして、寝返りもどちらの方向でもするようになりました。
だけど、母親というものは、赤ちゃんの状態一つ一つが心配になってしまうのです。