娘が初めて熱を出したのは、1歳になるかならないかのことでした。39℃以上熱が出ていて、しんどそうにしている娘を見て、夜間の救急外来にかかるかどうかを夫婦で悩みました。
しかし電話をかけて相談をすると、電話に出た人は「冷やして様子を見てください」と言われ、受診する必要がないと言われました。

結果的に翌日には下がっていて、小児科でもらった解熱剤で熱は下がりましたが、子どもの初めての熱はあたふたするものです。

娘はそれからも急激に熱を出すことがあり、出た時には40℃近くまで上がり、一度けいれんを起こしたこともあります。熱が出てけいれんにつながることが怖いので、我が家ではそれからは座薬の解熱剤を常備していますし、それを使って熱を下げて夜を乗り切るようにしています。

熱が出ていてぐったりしている姿を見ていると、普段は相手をするのに疲れていても、元気があればそれが一番良いことだなと改めて思います。病気の子どもを見ていると、親まで一緒に病気にかかったように辛いです。