「なかなか歩けない赤ちゃんは、将来足が速くなりますよ」

わが子は3人ともなかなか歩くことができませんでした。
特に長男は2歳近くまで歩けませんでした。
常にハイハイで移動し、保育所の先生が心配して検査をうけたほうがいいと言われたくらいです。

検査はしましたがどこも異常もなく知能もいいほうだと言われました。
その後、すんなり歩くことができてほっとしましたね。
でも早く歩けると自慢したりする母親とかいましたが、遅い方が将来足が速くなるそうですよ。

実際わが子たちは、すごく遅かったですが、小学生の時は学年で一番速く走っていました。
ですから学校対抗の陸上大会はすべてわが子は代表で出ましたよ。

祖母たちは歩けないことを心配していましたが、全然関係ないですね。
ですから今、歩くのが遅い赤ちゃんがいたら教えてあげたいです。
そんなに焦ることはないですね。

でももしかしたら病気の場合もあるので、わが子のように検査は必要なのかもしれません。
やはり自分の子供が足が速いと嬉しいものです。
ハイハイして、腕の筋肉がつくほうがいいそうですよ。

最近の娘の成長

生後11か月の娘がいます。
他の子と比べて、成長がやや遅く、ハイハイもつかまり立ちもまだです。
他の同じ月齢の子供で、もう歩き出している子もいるという話を聞くとちょっと落ち込みますが、
そんな残念な気持ちも吹っ飛ぶ嬉しい出来事がありました。

大人の言うことをわかってきたみたいで、
「いい?『いないいなーい』って言ったら『ばぁ』って言うんだよ?わかった?」と教え、
「いないいなーい」と言ったら「ばぁっ」っと返してくれたのです!
とても興奮しました。

それも偶然ではありません。
10回以上繰り返しましたがすべてにちゃんと「ばぁっ」っと答えてくれました。
大人の言うことがちゃんとわかっている証拠なんだと実感し、とてもうれしかったです。

私達夫婦が喜んでいる姿を見て娘も嬉しそうに笑っていました。
これくらいの月齢の子供なら、もしかしたら当たり前の反応なのかもしれませんが、
目に見えて成長していることが分かって本当に嬉しかったです。