「離乳食の進め方って本当難しいです」

家には1歳の子供がいるのですが、
離乳食って意外とすんなり進んでいくものかと思っていたのですが全然進まないものなんですね。

離乳食を開始したのは大体5カ月くらいからなのですが、
まず最初のうちはお粥も1口くらいしか食べてくれませんし、
硬さも自分の好みの硬さでなければすぐに出してきます。

私の中ではいつも同じ硬さにしているつもりなのですが、
何か微妙に違うらしくて少しでもいつもと違うと食べてくれません。

まだ歯も生えていないのでしかたのない事なのかもしれませんが、
お粥を茶碗に1杯食べれるようになったのは1歳を過ぎてからくらいだったと思います。

今は大分歯も生えてきたのでおかずも結構食べてくれるようになりました。
今度はお粥だけではなく普通のご飯も食べれるようになって欲しいので徐々に
お粥と普通のご飯を食べさせるようにはしていますが、やっぱりまだお粥の方が
食べやすいらしくて普通のご飯は出してきます。

普通のご飯の方が腹持ちもよくなるので食べてもらいたいとは思うのですが、
まだまだ時間がかかりそうです。

「子供たちのおかげで色々な方と知り合うことができました」

私はスポーツも苦手で、特に特技もなく親を喜ばすことができませんでした。
親もつまらない子育てだったと思います。
しかし、わが子たちは私に似ず運動神経もよく、スポーツの応援で本当に楽しませてくれました。

おかげで色々な方たちと知り合うことができ楽しい子育てでしたね。
長女と長男は合唱部で全国大会まで見に行けました。
長男は日本一になり感動でしたね。

長男は高校で野球もやっています。今甲子園目指して猛練習!
強豪チームなので応援がすごいのです。今年は本気で狙っていて、毎日充実していますね。

次女はバスケをしています。
小学2年生からレギュラーで6年生ではキャプテンも勤めました。
絶対に県大会は無理と言われたチームでしたが、次女達の努力で県大会に出ることができました。
あの時、保護者で流した涙は忘れることができません。

3人の子供たちのおかげで貴重な体験をしています。
自分の親には申し訳ないことをしたと思っていますが、孫のために応援に来てくれますよ。