うちの子は食に対する意識の低い子だった。離乳食は私がスプーンで口に運べば喜んで食べてくれたが、自分で食べようとすることは全くしなかった。
だんだんと自分の手でつかみ食べをし、そのうちスプーンやフォークを使って自分で食べるようになるのだが、
うちの子の場合とにかく手や口の周りが汚れるのが嫌みたいで、私に食べさせてもらうばかりでいっこうに自分から手を出したりはしない。
さすがに幼稚園の入園を控え焦ったのだが、幸いにも毎日お弁当で給食なしのところだったので、とにかく手掴みで食べれる物を毎日お弁当箱に詰めた。
主食はおにぎり、おかずはミニトマト、ブロッコリー茹でただけ、コロッケ、アスパラのベーコン巻きなど、
メニューは無い知恵を絞って考えた。お腹が空けばそのうちなんでも食べるようになるかもしれないと、
徐々に箸を使うおかずを入れてみたところ、いつしか箸もきちんときれいに持つことができるようになった。
ただしこれは幼稚園でのことで、自宅では相変わらずあーんと大口を空いて私に食べされてもらっていた。
家でも自分で食べるようになるのは小学校に入学してからのことである。