私は一人目の子は、混合からの母乳育児でした。産院はかなり母乳推進の病院だったので母乳は出ないし、上手く吸い付かない息子に困惑し、入院中は個室で一人で泣いていました。私も要領が悪いところがあるので赤ちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいだったのです。

そんな苦い思い出があるので二人目も産後の入院生活がとても不安でした。また、あの悪夢のような搾乳、泣き続ける子供に無理やりおっぱいを吸わせようとするのか、眠れず涙する入院になるのかと思っていました。

実際二人目出産後1日目に声がカラカラになるまで泣く我が子に無理やりおっぱいをくわえさせようとして心が痛くなりました。だから今回は思い切って上手くくわえてくれなかったらその時は潔くミルクあーげよと思うようにしました。

すると驚いたことにそう思うようになってから赤ちゃんが上手くおっぱいを吸ってくれるようになったのです。母乳量はまだまだ少ないですが、一人目は退院日まで直母が0だったのに対し今回は2日目から少しずつ増えていってるのです。

考え方一つでこんなに子育てご気楽になるとは思いませんでした。まだまだ母乳育児始まったばかり、足らない分はミルクで補いますが少しずつ完母に近づいている気がします。

育児って先が長いからこれからも無理しすぎないよう気楽に考えていきたいと思います。