次女の中学受験の経験談です。我が家は長女も中学受験を受験して合格しましたが超難関でもなく、自分の成績に応じたところを受験したわけで、申し訳ないですがそれほど驚くこともありませんでした。しかし、次女の場合は異なります。小学3年生から志望校の見学に行って先輩たちの姿を見て絶対にここに行きたいと言い出したからです。もちろん、最初は冗談だと思っていましたし、かなりの難関校であったため、夢幻といってもいいレベルでした。しかし、少しずつ娘の信念が通じて成績も上がりだしたのです。そして、5年生になったころには合格圏内まで到達しだしたのです、我が子ながらその信念の強さと努力の様子には驚くばかり。しかし、受験は一発勝負です。どうなるかわかりません。そして、受験当日、そして発表日です。恐る恐る合格発表を見た瞬間、合格していたことが分かり、家族みんなで波涙です。次女の数年にわたる思い、いや執念が実った瞬間でもありました。