“待望の第一子なので、育児の一日一日をよく覚えています。病院では母子同室だったのですが、泣いてもいないのにしばらく抱いていたこと、実家では、夜、授乳をした部屋の暗さ、静けさ、泣き止ますために抱っこしたこと、うたった歌…どれも大切な思い出です。
生後2ヶ月頃までは人形のようでした。目は腫れぼったくてずっとつむったまま、開いていてもじっと虚空を見つめている…わずかでも目が開いているうちにいろんな刺激を与えようと、自分の食事も摂らずにひとり劇場をしていたのを覚えています。
一番感動したのは、笑い方から教えなければいけないんだということです。赤ちゃんに笑ってほしくて、こうやって笑うんだよ、と必要以上にニコニコしました。そう、どんなに仕事をバリバリこなしてツンツンしていた女性も、ママになったらいつもニコニコしなくちゃいけないんですね!育児休暇があけたら、どんなキャラで職場復帰するんだろう、と今からキャラ作りに悩んでいます。”