子供が生まれた時、仕事と育児の両立を目指していた私は実家の母に協力を依頼
しました。
勿論母も承諾してくれ、二人の育児生活が始まりました。
でも、母が育児をしていたのは30年前。それから育児の常識は随分と変わって
いたのです。
一番困ったのは、食べ物。
例えば「蜂蜜」は、今では1歳未満の赤ちゃんには危険なので食べさせてはいけない
と、殆どの育児書には書いてあります。
でも30年前は「蜂蜜」は栄養が豊富で、赤ちゃんには積極的に食べさせても大丈夫
なものとなっていたそうです。
何も知らない母は、1歳前の娘に少し舐めさせてしまいました。
茶碗蒸しを食べさせてしまった時も、暫くすると娘の顔が赤くなってしまったので
慌てて病院に連れていって注意されました。
離乳食が始まれば、当たり前のようにお肉やお魚を自分の口で噛み砕いて娘に
食べさせようとした時があり、あわてて止めました。
どれも良かれと思ってやってくれているので、理由をはっきり説明しなければいけま
せん。「嫌」では納得してくれませんから。
どちらも大した事にはなりませんでしたが、30年前のそのままの子育ては難しい
ですね。
今から考えると、子育てセミナーとかに一緒に参加すれば良かったと思います。